現在地: トップページ » career » 労働に関する悩みを解決!社労士になるメリットはキャリアアップだけじゃない

労働に関する悩みを解決!社労士になるメリットはキャリアアップだけじゃない

記事をシェアする

女性の割合が30.1%(2018年時点)と高くキャリアアップしたい場合にも一つの道となるのが社会保険労務士です。社労士になる、もしくは社労士資格をとるということは、労務問題や社会保険関係の知識を得ることにも直結します。この記事ではそんな社労士資格をとるとどのようなときに役に立つのか紹介します。

社労士試験でベースとなるのは労働基準法

社労士試験の科目の一つに労働基準法があります。労働基準法では労働に関する最低基準を定めており、正社員だけではなく、契約社員や派遣社員、アルバイトなど国内で業務に従事するすべての労働者に適用されます。

そもそも社労士って?

社労士は国家資格です。仕事は労務問題に関する指導、社会保険手続き、年金相談業務など多岐にわたります。労務問題のコンサルタントであり、現在その需要は増し求人も増え始めています。

労働環境に疑問を感じたら知識が武器になる

昨今、企業が労働基準法にのっとって社員に業務にあたらせているかどうかが重要視されるようになってきました。とはいえ企業によっては残業手当が支給されなかったり有給休暇消化率が良くなかったりして労働者が弱い立場にいざるをえない状況が続いています。

例えば教育機関などは授業後の残業時間が給与に時間外手当として加算されないということが当然のようにとらえられていましたが、若い世代を中心にそれを問題視する声もあがってきています。

残業代が支給されない、給与の支払い方がおかしい等、この働き方は労基法違反ではないだろうかと感じたらまずは職場の上司に抗議する必要があります。改善されないのであれば、労働基準局に相談するという手段を講じなければなりません。一人の労働者が勇気を出し行動したおかげで企業全体の労働環境が改善したケースもあります。

ただ、その場合に必要なのが労働基準法の知識です。知識を基に説明しなければ説得力に欠けます。社労士資格があると、自分に労働基準法の知識があることの証明にもなります。

女性こそ目指そう!資格取得のメリットが多い社労士って?

非正規やアルバイトでも適用されるのが労基法

労働基準法は非正規社員やアルバイトにも適用されます。たとえば有給休暇は法律でアルバイトにも付与しなければなりませんが、雇用主がそれを知らないといったケースが時折見受けられます。社労士資格をとり労働基準法の知識をベースに説明すれば、これまで非正規だから、アルバイトだからと我慢してきたことも解決する可能性があります。

雇われる人たちは役職や雇用形態に関わらず権利を主張することができます。社労士資格の勉強は資格をとるためだけではなく、勉強していくうちにそういった気づきも得られるはずです。

ライフスタイルの変化に応じた働き方をするために

結婚、出産、転職…女性の人生にはさまざまな節目があります。ライフスタイルの変化に応じて働き方を変えていくためにも社労士試験対策で勉強する内容は非常に重要になってきます。

年金、育休、失業…疑問を法律にのっとって答えられるのが社労士

社労士試験で役に立つのは労基法だけじゃありません。社会保険の知識も生きていくうえで生じた疑問を解決してくれます。

例えば将来年金がどのくらいもらえるのか不安にならない人はいないでしょう。また、出産したり育児休暇を取得したりした場合、健康保険や雇用保険からどのような手当が出るのかについても社労士試験対策で学べます。

通勤時や働いている最中に災害にあった場合や失業した場合に出る手当については知っておいて損はありません。思わぬ人生のトラブルに巻き込まれた際も、社労士試験で得た知識があれば安心です。

未経験からのキャリアチェンジも可能

人事業務の経験があればキャリアアップや転職の道が開けるのが社労士資格です。それだけではなく未経験者も自らのキャリアを再形成できるでしょう。

未経験者の場合、まずは社労士事務所に勤務し始める人が多いです。そこで実務経験を積んだ後、社労士事務所で不可欠な人材になる人もいれば企業の転職に成功する人もいます。高い能力を培うことができれば起業のチャンスもあります。

社労士全体の平均年収は527万円です。給与所得者全体の平均年収は490万円なので、最終的に年収アップをしたいと考えている人にとっても、社労士は可能性のある職業だと言えます。

未経験から社労士になる方法についてはこの記事にも載せてあります。

未経験からの社労士 キャリアチェンジを成功させるために必要なことは?

社労士になる方法

「New Skill」と書かれた木製の立て看板

最後に社労士資格をとるための方法について知っておきましょう。社労士資格をとるためには毎年8月の最終日曜日に行われる社労士試験に合格した後、実務経験(2年以上)を積むかもしくは事務指定講習を受ける必要があります。

 

どんな試験対策がベスト?

インターネットで検索すると通学講座・通信講座・試験対策の参考書など、さまざまな情報がヒットするでしょう。通学講座は高いし独学は続くかわからない…悩んでいる人は社労士サクセス(全60回)動画講座がおすすめです。

社労士は有用性が高い国家資格であるため難易度が高い試験としても知られています。そのため、試験前は時間をかけて計画的に試験対策をしていかなければなりません。

Gogetterzは2019年度版の講座を紹介していますが2020年度社労士試験の合格に向けて準備するためには早めの対策が要となります。ぜひ一度見てみましょう。

女性こそ動画学習をするべき3つの理由

社労士は労働環境改善のプロ

イラストレーターを活かす上級デザイナー

社労士のメリットはキャリアアップにとどまりません。自分や周囲の人たちが仕事しやすい環境を作るためにも重要な役割を果たせる職業なのです。

社会的にも役に立つ仕事でありやりがいも感じられます。国家資格のため社労士になれれば労働環境改善のプロとしていろいろな場面で活躍できるはずです。

 

学びから未来をデザインする GoGetterz はこちら

メンバーになると、400以上の無料コースが受講可能!

無料メンバー登録 はこちら

記事をシェアする