現在地: トップページ » career » 「キレイ」を支えるネイリストは女性の憧れの仕事 どうすればなれる?

「キレイ」を支えるネイリストは女性の憧れの仕事 どうすればなれる?

記事をシェアする

「エステは高くて頻繁に行けないけど、ちょっとでもお手入れしてもらってテンションを上げたい」

そう思う女性が行くところと言えばネイルサロンです。

ネイルサロンからの帰り道、可愛く彩られた自分の爪を見て「明日も頑張ろう」という気持ちになる人も多いでしょう。また、ネイルサロンでは「大切に扱ってもらいながらきれいになれる」エステと同じような体験もでき精神的にも満たされます。

裏を返せばネイルサロンで働くネイリストは息の長い職業だと言えます。この記事ではネイリストになるための方法とネイリスト技能検定、ネイリストが女性に向いている理由について説明します。

ネイリストになりたいと思ったら

まずはネイリストになる方法を解説します。

無資格でもなれるが収入を上げるにはスキルが必要

実はネイリストは資格がなくてもなれる職業です。しかし、自分がネイルサロンでネイリストに施術を受ける際、ネイリストが無資格だとほとんどの人は不安になるはずです。

資格がなくても現場で経験を積んで人気を得ているネイリストも時折いますが、ネイリストの資格がある人より安定した収入を得るまでの道のりが長くなることは確実です。

ネイリスト技能検定合格を採用の条件にしているサロンもある

そもそもネイリストとして活躍する以前の問題として、ネイリスト技能検定に合格していない人は雇わないサロンも数多くあります。お客様から信頼を得たいと思っているサロンであれば当然のことです。

ネイルスクールに通った後検定を受けずにネイリストになっている人も多いですが、ネイルサロンの中には労働基準法を遵守していないところもあり、労働関係のトラブルがたびたび起きています。

より好条件でネイリストとして安心して働きたいと思うのであれば、ネイリスト技能検定2級以上はとっておく必要があります。

ネイリスト技能検定の受験条件と難易度は?

ノートにメモを取る女性

ネイリスト技能検定を受験する前に受験条件を確認しておきましょう。年齢に上限はありませんが、ネイリスト技能検定は必ず最初に3級に合格しなければならないのです

3級の難易度

3級は義務教育を修了していれば誰でも受けられ、ネイリストとしての基礎的な技術力が問われます。実技試験と筆記試験があり、実技試験ではタイムオーバーすれば即失格なので時間配分も必要です。

ただ合格率は毎年87%前後とそこまで高くなく、ネイルスクールの受講生なら必ず合格できるレベルとも言われています。独学でも頑張れば合格できるでしょう。

ただ、難易度が低い分、ネイリストとしての就職・転職で使えるレベルではありません。趣味でセルフネイルを楽しみたいという人であれば3級だけでも問題ありませんが、仕事にしたいのであれば2級以上を目指しましょう。

幸いネイリスト技能検定は年に4回あります。2級は3級を合格してからでないと受けられないので、3級受験前に2級に合格するためのスケジュールを考えておくとスムーズな学習プランが立てられます。

ネイリストとして就職が叶うのは2級から

サロンでネイリストとして通用するレベルかどうかを判定するのが2級です。そのため合格率も50%前後と低くなり受験者全員が3級の合格者であるため、独学での合格が難しくなってくるのも2級からです。

ただ、合格するとネイルサロンで働ける可能性がぐんと高くなり、ネイルスクールに通ってでも合格しようとする人が数多くいます。通信教育で学ぶ方法もあります。

1級合格者はネイルサロンで即戦力になれる

出題範囲が広がり合格率も35%前後と急に低くなるのが1級です。受験できるのは2級に合格した人だけです。

1級に合格すればトップレベルのネイリストとして認められるので、ネイルサロンに勤め始めた後も基本給にプラスされたり開業する際の信頼性が高まったりします。

ネイリストとしての可能性が広がる分、独学での1級合格は非常に難しいと言われていて、ネイルスクールに通学するのがベスト、最低でも通信教育で学ぶ必要があるでしょう。

ネイリスト技能検定は女性にぴったりな資格

職業に男女の区別がなくなってきている時代ですが、ネイリストは女性の爪を触るので、ネイリスト自身も女性であるほうが有利です。他にもネイリストが女性に適している理由が三つあります。

ライフスタイルに応じて働き方を変えられる

ネイルサロンで働き続けるネイリストの休日は少なく、土日も出勤しなければなりません。そのため、結婚や出産などのライフイベントが発生した際、「続けられないのではないか」と不安に感じる人もいるでしょう。

しかし、ネイルサロンには社員だけではなくアルバイトもいます。育児に時間をかけたい場合は一度アルバイトとして勤務するという選択肢もあります。

多くのネイリストが憧れている自宅開業も一つの道です。事前準備に時間がかかりますが、ターゲットを絞り込みお客様から高評価を得られれば収入アップを狙えます。また、勤務先への移動時間もないためプライベートな時間も自分しだいで確保することができます。

コミュニケーション能力が活かせる

人と会話するのが好きな人であれば、なおさらネイリストは向いている職業だと言えます。ネイリストはネイルの技術で魅了しながら、1対1でお客様に会話を楽しんでもらう仕事です。

人の話を聞くのが好きな人や女子トークが楽しいと日ごろから感じている人であれば、お客様と良好な関係を築きリピーターを増やすことも可能でしょう。

一概には言えませんが、初対面の人とすぐ打ち解けられる人は男性より女性のほうが割合が高いと言われています。お客様と話しながら、新しい視野を手に入れることもできるかも知れません。

セルフネイルで自分の爪もアレンジできる

前述したようにネイリスト技能検定3級は仕事で使えるレベルではありません。しかし趣味でネイルをしたいと考えているなら話は変わってきます。

ネイルサロンで施術してもらわなくても自宅でセルフネイルを楽しむことができるのです。ネイルサロンに頻繁に行く人であれば、それだけで節約になるしネイリストに説明しなくても自分の好きなネイルをすることができます。

ネイリスト技能検定を受けて憧れの自分に近づこう

ネイルをする女性は一定数いるので、ネイリストは需要がありたくさんの女性が憧れている職業です。まずは3級からチャレンジしてネイルの魅力をより深く味わいましょう。

また、他の女性に適した仕事を知りたい場合はこの記事も参考にしてみてください。

女性のキャリアアップ・独立に必要不可欠な資格をご紹介

学びから未来をデザインする GoGetterz はこちら

メンバーになると、400以上の無料コースが受講可能!

無料メンバー登録 はこちら

記事をシェアする