現在地: トップページ » career » 今の自分に満足? 女性の活躍に関する意識調査を解説!

今の自分に満足? 女性の活躍に関する意識調査を解説!

記事をシェアする

「女性の社会進出が進んでいる」と言われる近年。でも実際のところ、女性は今の働き方に満足しているのでしょうか?

今年4月に保険会社が発表した「女性の活躍に関する意識調査2019」をもとに、現在の女性と仕事の関係を考察しました。

女性の活躍に関する調査の結果とは

この調査は、ソニー生命保険株式会社が全国の女性1,000人にアンケートを取り、その結果をまとめたものです。女性と仕事、女性と家庭など、女性に関係する内容に大きく切り込んでいるのが特長ですね。

【調査概要】
調査日程:2019年3月15日~3月19日
調査対象:全国の20歳~69歳の女性(有効回答数1,000人)
※この調査は今年で5回目

女性がイキイキしている場面は? 1位:家庭、2位:職場

「日本では女性がどの程度イキイキと活躍していると思うか」と質問したところ、一番「(非常に・やや)イキイキしている」という回答が多かったのは、「家庭」(42.9%)、次は「職場」(37.7%)でした。

職場でイキイキしている女性は約3人に1人。女性がもっと活躍できるフィールドやしくみにはまだまだ需要がありそうですね!

現在の生活に満足? 仕事を持つ女性の約半数が「そう思う」

1,000人の女性のうち、仕事を持つ女性(619名)に対して、「現在の生活に満足している」かどうか聞きました。「(非常に・やや)そう思う」は51.4%と、働く女性の約半数は現在の生活に満足している結果に。

ちなみに、子どもがいる有職女性では56.9%と、全体よりも高かったです。仕事と子育てを両立するワーママは相当忙しいはず。でも、充実した日々を過ごしている人も多いようですね。

複雑な20代女性:キャリアを積みたい、でも専業主婦にもなりたい

「今後もバリバリとキャリアを積んでいきたいか」という質問について、「そう思う」と答えた女性は43.3%。仕事を持つ女性の4割以上が、これからもバリバリ仕事をしていきたいようです。

特に「そう思う」と答えた人が多かったのは、20代(54.0%)でした。また、子どもがいる有職女性も47.5%と高い水準です。若い年次の女性やワーママほど、仕事に意欲的に取り組んでいるようですね。

一方で、仕事を持つ女性(619名)にした「本当は専業主婦になりたい」という質問の回答は、「そう思う」が36.7%と、約3人に1人は専業主婦になりたいと考えていました。

特に、20代女性で「そう思う」と答えた割合は53.2%! 20代女性は、バリバリ働きたいと思いつつ専業主婦にも憧れている、複雑な心境を抱えているようですね。

20代〜30代の若い年次は、キャリアについて一番悩む時期と言えます。ただ選択肢も多いのがこの年次の特長。視野を広げつつ、自分のキャリアや生き方について真剣に考えたいですね!

【合わせて読みたい】
女性がキャリアアップを考えたときに準備したい3つのこと

キャリアに活かそう! 女性におすすめの資格・検定

将来的に家庭も作りたいけれど、ひとまずバリバリ働こう! そんな女性のおすすめしたい職業や講座を3つピックアップしました。

今のうちにキャリアアップやスキルアップをしておけば、自分の市場価値を上げられます。

結婚・出産などで休職や転職をすることになったとしても、引く手あまたのビジネスパーソンになれるよう、今から準備しておきたいですね!

国家資格は強い! 社労士になって事務所や企業で働く

社労士(社会保険労務士)とは、企業内での労働や社会保険に関する業務を行える資格。採用から退職までの労働に関することや、社会保険や年金に関する相談などに応じられる、「労働」に関するプロフェッショナルです。

具体的な業務は、企業内の人事・労務などに関するコンサルティング、労働・社会保険に関する公的書類の作成、手続代行など。会社(使用者)側、労働者側の双方から必要とされる仕事です。

社労士事務所で働く人や独立開業をする人もいますが、企業の総務や人事セクションで勤務する「企業内社労士」の方が比較的多いでしょう。社労士資格があれば、一度休職や退職をしても、再就職時に有利にはたらきますよ。

社労士になるためには、年1回の社労士試験に合格し、2年の実務経験もしくは指定の講習を受講して、社労士登録する必要があります。

社労士試験は毎年8月に行われますので、来年の試験に向けて今から準備しておくのも手ですね。

【2019年度合格目標】社労士サクセス60コース(全60回)

社労士の合格率は約5%と言われています。この難関を一人でクリアするのは至難の業。でも通学型の資格塾に通っている時間はない……。そんなときはGoGetterzのeラーニングを活用して勉強するのがおすすめです。

eラーニングなら、いつでもどこでも自分の予定に合わせて学習することが可能です。費用も通学型の資格塾よりは抑えられるので経済的ですね。

この社労士講座は、社労士の勉強をこれからスタートする方はもちろん、これまで独学で勉強してきた方も対象です。基礎から本試験レベルまでの実力をつけられる内容になっています。

そのレッスン数は講義51回・答練9回の計60回! 人気社労士の須田美貴氏や岡佳伸氏を講師に迎え、より実践的な内容を提供しています。まずは一度チェックしてみてくださいね。

リモートワークで働ける可能性大! Webデザイナー

Webデザイナーは、Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)などのソフトを使って、Webサイトのデザイン・制作を行う人のこと。

企業の公式サイトや商品サイトは、企業イメージや商品イメージを左右する重要な「顔」。そのデザインができるWebデザイナーは、必要とされる機会が多くやりがいもある、現代になくてはならない職業です。

パソコンがあればどこででも作業できるので、リモートワーカーも多い職業です。自宅で仕事をしたい女性に向いている仕事ですね。

Webデザイナーになるには、資格を取るというよりも実務経験をより多く積む方が近道と言えます。まずは、グラフィックソフトの扱いに慣れ、実務経験を積んで、優れたデザインを生み出すスキルを身に着けましょう。

MITSUME THE A.I. MASTER 【完全版】全9エピソード+aiデータ、映像特典

この講座は、有名デザイナーのタカハシヒロユキミツメ氏がWebデザインを1から解説しているオンラインコースです。「あの独特のデザインはこうやって作られているのか!」と思わずうなってしまう内容になっています。

デザイナー初心者はもちろん、イラストレーターの技法やデザインそのものに悩んでいる経験者にもおすすめできる講座です。こちらだとチャプターごとの購入もできるようになっているので、まずは1レッスン受けてみてもいいですね。

英語力を磨いて外資系でも通用する人材に

昔からあるキャリアアップ方法といえば、日系企業から外資系企業へのキャリアアップ転職。実際、外資系企業で揉まれることで、ビジネスパーソンとして成長できる可能性は大いにあります。

外資系でなくとも、海外と取引のある企業に必要不可欠なのが英語力。日頃からコツコツ勉強して英語力を磨き、キャリアアップの武器にしたいですね!

4技能を着実に伸ばすためのシンプル・英語学習法

この講座は、株式会社ユニバーサルエデュケーションCEOにして、知る人ぞ知る「ビジネス・ブレークスルー大学(BBT)」講師を務める竹村和浩氏による、英語講座です。

「発音矯正」の分野で評価されている竹村氏。日本人が苦手という「スピーキング」を強化したい方には特に受講してほしい動画講座です!

チャプターごとの受講もできますので、必要な講座から受講して英語力をアップさせることもできますね。

今のうちにスキルアップして仕事に家庭に活躍しよう

「女性の活躍に関する意識調査」の結果、仕事や家庭でイキイキしている女性は3〜4割程度、現在の状況に満足している女性が約5割程度いることがわかりました。

20代女性には、このままバリバリとキャリアアップしていきたい反面、専業主婦にも憧れるという複雑な心理も垣間見えます。

今後仕事も家庭も手に入れたいなら、今のうちにキャリアアップ・スキルアップしておきたいところ。動画講座・eラーニングを上手に活用して、今のうちにスキルを磨きましょう!

 

学びから未来をデザインする GoGetterz はこちら

メンバーになると、400以上の無料コースが受講可能!
無料メンバー登録 はこちら

記事をシェアする