現在地: トップページ » 資格検定 » 『和食検定』で、世界が注目する「和食」知識のプロになってキャリアの幅を広げよう!

『和食検定』で、世界が注目する「和食」知識のプロになってキャリアの幅を広げよう!

記事をシェアする

It’s time for another doze of GoGetterz News! ゴーゲッターなみなさまの一日の知となり活力となる情報を提供しているGoGetterz News。 今回は、国際交流に、キャリアアップに役立つ「和食検定」と無料対策講座についてお伝えします。   おいしくて、美しい和食。その魅力は世界に広まり、和食を愛する人々が世界中に増えています。MISO(味噌)TOFU(豆腐) UMAMI(うまみ)など、海外の食シーンで日本語がそのまま使われるようにもなっています。オリンピック・パラリンピックを控え、日本への興味が増し、観光客もうなぎのぼりで増加中の今、日本の食文化をさらに詳しく学びたいというニーズが世界各地で高まっています。しかしながらわたしたち日本人は、自分たちの食文化をきちんと理解しているでしょうか?海外の方に質問をされたときに、きちんと答えることができるでしょうか?和食検定は、和食を日本の文化として捉え、知っておきたい基本的な事柄をおもてなしの現場や日々の生活の中で生かしていけるようにとの思いから生まれました。  

和食ブームを次のステージへ 国際交流に、キャリアアップに和食検定

世界が注目する和食の文化とおもてなし。和食を提供する場でのおもてなしは、日本人の心遣いと気遣いにあふれています。しかしながら、和食の人気が高まる一方、レストランや旅館などの和のサービスとそのクオリティーを標準化する教育機関がありませんでした。一般財団法人日本ホテル教育センターが主催する和食検定は、日本の食文化を正しく理解し、正しく伝えるための基礎知識の普及と、和の食文化を継承し発信していくために必要な専門知識と実務知識の理解度を測るための筆記試験です。  

和食検定の目的

和食文化の正しい理解と継承 日本人にとって身近な和食文化の魅力を再発見することで、国民的理解を進め、次世代へ継承できるようにします。 ■ 日本古来のおもてなしを中心とした業界人のレベルアップ 知識とスキルの習得により実践的な接遇力を向上し、先人によって培われてきたノウハウを次世代に伝承していくためのトレーニングスタンダードを構築します。 ■ 日本文化の魅力を国内外に発信できる人材の育成 自分の国の食文化の素晴らしさを世界に向けて、自信を持って発信できる人材を育成します。   2013年に「和食:日本人の伝統的な食文化」は、ユネスコの無形文化遺産に登録されました。食のグローバル化にあわせ、和食を語る英語力も必要になってきています。和食検定は、世界が注目する和のおもてなしの更なるレベルアップを応援しています。  

和食検定のメリット

和食ブームをリードできる●海外でも活躍できる ●日本文化の知識が深まる●国際交流に役立つ 日本の食を外国の方に伝えられる。 日本の四季折々の食をより楽しめる。 接客業でお客様との会話が広がる。 和食に必要な料理やマナー等の英語での説明ができる。 ―など、和食検定認定を受けると、日本の食文化に対する理解が深まり、その知識をおもてなしの現場や日々の生活の中で生かしていかせるようになります。 和食に関わる仕事につきたいすべての方に、和食を調理・提供する旅館、ホテル、レストラン、料理人、サーバーなど、和食に関わる仕事につきたい方に最適な検定資格です。  

和食検定試験内容

試験級ごとの期待効果 【初級レベル】和食の初心者向け ●和食の初歩的な知識を学ぶことで和の食文化への興味関心が高まる。 ●身近な慣習や食習慣などの意味合いを理解することで和食文化を大切にする気持ちや継承に向けた意識向上に繋がる。 ●日本語と英語で学習ができることから、和食を通じた身近な国際文化交流に役立てることができる 【基本レベル】和食の料理・食材やマナーに関心のある方 ●日本料理の文化的背景を理解し、料理や食材の知識を持ち、料理や味の説明、お勧めができる。 ●食事のマナーや器、箸の扱い、関連知識を習得することで、日々の生活や接遇を通じて、和食文化への理解と関心を高めることができる。 ●和食に必要な基本的な英単語の知識を持ち、英語での簡単なご挨拶やご案内ができる。 【実務レベル】和食の現場で部下の指導にあたる方(基本レベルの認定者) ●和食接遇での日々の仕事の流れを理解し、着付けのポイントを習得して指導したり、和室での見本となる振る舞いができる。 ●接遇に必要な幅広い知識を習得し、売上や原価意識を持ち、接遇全般について根拠を持った説明と部下の指導ができる。 ●和食に必要な料理やマナー等の英会話での説明ができる。 ●受験資格 初級レベルと基本レベルはどなたでも受験できます。 実務レベルの場合は、あらかじめ基本レベル1級又は2級の認定を受けていることが必要です。 ●試験方法 マークシート方式(4肢択一) ●問題数 【実務レベル】200問 【基本レベル】200問 【初級レベル】100問  

申し込み期間

2018年10月25日(木)実施和食検定

◆インターネット申込みの場合: 2018年8月1日(水)~2018年9月18日(火) ◆郵送での申込みの場合: 2018年8月1日(水)~2018年9月25日(火)  

定期試験日  年2回(2月 10月)

【個人受験試験会場(予定)】 2018年10月25日(木) 試験 試験会場は以下の4会場を予定しています。 ・札幌会場:札幌観光ブライダル・製菓専門学校 ・東京会場:中野サンプラザ ・大阪会場:大阪府立労働センター(エル・おおさか) ・福岡会場:フィニッシングスクールインフィニ ※会場はあくまでも予定です。人数や会場等の都合により変更する場合があります。 正式な試験会場はお送りする受験票でご案内します。  

受験料

【実務レベル】8,000円 【基本レベル】5,000円 【初級レベル】4,000円(各税込) ●支払い方法 郵送での申込みの場合 ・・・郵便局での払込み ホームページからのお申込みの場合 ・・・クレジットカード決済又はコンビニ店頭での払込み 【お問い合わせ】 一般財団法人 日本ホテル教育センター URL: http://www.washokukentei.jp/index.php ※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。  

試験のために準備をしたいなら! 2018年度10月試験用無料オンライン講座 和食検定 初級レベル対策講座 2018

動画でeラーニングのGoGetterz には、2018年10月の和食検定初級レベルに向けた無料対策講座が用意されています。この動画講座では、入門編テキストに沿って、過去の出題傾向や学習方法について約90分で解説します。10月試験合格に向けて学習中の方や学習指導をされる教職員の方、ぜひ受験前に受講ください。 この無料動画講座は、GoGetterz メンバー(登録無料)になってから受講いただけます。 こちらから、カンタンな無料メンバー登録をお願いいたします。 和食検定で和食への理解を深め、これからのキャリア・生活にいかしてください。 Let’s be a Go Getter! 学びから未来をデザインする GoGetterz   資格も検定も!学びから未来をデザインする GoGetterz メンバー登録は無料!「学ぶ」はこちらから ★オンラインで「教える」はこちらから]]>

記事をシェアする

コメントを残す