現在地: トップページ » GoGetterz News » 是枝裕和監督が語る今映画に必要なこと

是枝裕和監督が語る今映画に必要なこと

記事をシェアする

是枝裕和監督といえば、福山雅治さん主演の映画「そして父になる」が第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門審査員賞受賞をし、時の人となった名監督。2016年5月21日からは新作「海よりもまだ深く」全国公開予定をしています。数々の名作を生み出している今是枝監­督自身が感じる”今映画に必要なこと”など貴重なお話をうかがいます。2014年11月2日にに横浜みなとみらいブリリアショートショートシアターで開催されたクリエイターズパーテ­ィーVol.13の講演の模様をGoGgeterz で無料配信しています。「子役に脚本を渡さない」「脚本は現場で育つ」「怒鳴るの禁止」など是枝監督ならではの手法についてじっくり語っていただきました。映像クリエーターを目指す方、映画好きな方にはぜひご覧いただきたいコースです。

<コース名>是枝裕和監督 【カタチを決めない”カタチ”】
<エキスパート>パシフィックボイス
<コース内容>

レッスン 1 撮影現場が生み出す自然体の演技
レッスン 2 ドキュメンタリー制作時代から学ぶ完成への輪郭
レッスン 3 日常を立体的に演出する声と音 そしてロケーション
レッスン 4 国内外の違いと普遍性 日本の映画祭の在り方
レッスン 5 映画を劇場で観るということ
レッスン 6 参加クリエイターから是枝監督に質問

全6レッスン 6本の動画(約53分30秒)

数々の映画賞を手にしている是枝裕和監督がじっくり語る映画論!

]]>

記事をシェアする

コメントを残す