現在地: トップページ » GoGetterz News » 男は4キロ、女は3.5キロ これだけ痩せると「見た目」が変わる

男は4キロ、女は3.5キロ これだけ痩せると「見た目」が変わる

記事をシェアする

 何とかして痩せたい。体重を減らしたい。ダイエットやジムで必死に努力している人は少なくないだろう。痩せると、自分の外見がよくなる。そう信じてのことだ。では、どれぐらい痩せれば「見た目」が変わるのか。

 カナダのトロント大学心理学部のニコラス・ルール准教授らの研究チームは、20~40歳の白人種男女の顔をコンピュータで加工し、どの程度変化させると、太ったり痩せたりしたことに他人が気づくか100人に見てもらう実験をした。そして「太っている」とされた写真が元の写真からどの程度加工されていたかを分析し、「太っている」と「痩せている」の境目、つまり他人から「痩せた」と思われる体重の減量値を割り出した。

 気になるその数値だが、男性の場合平均4キロ、女性は平均3.5キロ。これだけ減らせば、痩せたということに気づかれる。「魅力的になった」と思われるには、さらにその2倍の減量値が必要であることがわかった。

 逆に、本来の顔からわずかに太っただけに見える写真でも、元の顔と比較すると、「不健康そうに見える」と言う回答が多かったという。

 もっとも体重を減らせば、必ず「顔痩せ」するわけではない。減量しても顔痩せしないこともある。これは、顔の脂肪量と体重は必ずしも比例していないから。一般論として、上記の研究のようなことは言えても、実際に体重減→顔やせになるかどうかはかなりの個人差がある。

 顔が太って見えるのは、脂肪がついていることだけが原因とは限らない。骨格や筋肉の状態、むくみ、加齢による皮膚のたるみなども、顔の見た目に大きな影響を与える。顔が痩せないからといって、極端な食事制限に走ると、かえって不健康になる。注意しよう。

]]>

記事をシェアする

コメントを残す