現在地: トップページ » skill » 未経験からの社労士 キャリアチェンジを成功させるために必要なことは?

未経験からの社労士 キャリアチェンジを成功させるために必要なことは?

記事をシェアする

現在、社会保険労務士は需要が高まっている職業の一つです。人事部門担当者がスキルアップのためにとる資格というイメージもありますが、近年、労働者からの労務相談も急激に増えたことによりキャリアチェンジに適した仕事としても注目を浴びています。

ただ、人事担当者だと職場で活かせたり転職したりするときに有利になりますが、未経験だと「本当に役立つ資格なのだろうか?」と不安に感じることもありますね。この記事では未経験者はどうすれば社労士としてキャリアを形成できるのかを紹介します。

未経験ならまずは社労士事務所から

社労士の資格をとった後は、ほとんどの人が勤務社会保険労務士として社会保険労務士事務所や企業に雇用され働きます。未経験者の場合はすぐに企業にチャレンジするのではなく、まずは社労士事務所に勤務して実務を学ぶ場合が多いそうです。

社会保険労務士事務所の仕事って?

社会保険労務士事務所のクライアントは企業です。社会保険の手続きだけではなく最近では労務相談のコンサルタントとしての役割も求められています。

有資格者になってから社会保険労務士事務所に転職・就職する人も多いですが、社労士事務所では社労士だけではなく社労士をサポートする事務職も存在しています。社労士試験を受ける前に社労士の人たちがどんな仕事をしているのか様子を知りたい場合は、事務職として働き始め、それから社労士資格取得を目指すのも一つの手です。

社労士事務所で働いた後のキャリアアップと平均年収

事務職や新任の社労士の給与は高いとは言えませんが、社労士事務所で経験を積んだ後は一般企業の人事部門に転職する道も開けるでしょう。

また、社労士事務所で管理職を目指し、より高度な社労士業務を担う人もいます。大手社労士事務所にはパートナーと呼ばれる幹部クラスの職員も存在しています。

実務経験を積み実力を培った後は起業する社会保険労務士もいます。自分のライフスタイルにあわせて働き方を変えられるのも嬉しい点ですね。

厚生労働省によると一般的な給与所得者の平均年収は490万円、社労士は527万円です(2016年時点)。将来的に年収アップを目指したい人にとっても社労士はチャンスのある仕事だと言えます。

社労士に向いているのはどんな人?

社会保険労務士が将来性のある仕事だということがわかりましたが、未経験からの挑戦はどのような仕事でも勇気がいるものです。自分が社労士に向いているかどうかチェックしてみましょう。

社会保険制度や日本の労務問題に興味がある

社労士は労務問題のコンサルタントでもあります。

ふだんインターネットやニュースを見ていて「どうしてこんな労務問題が存在しているんだろう?」「労働法でこれはセーフなのかな」と感じることはありませんか?社労士資格をとるための勉強では、そういった問題がどう判断されるのか学べます。

筆者の知人に企業の人事担当者がいます。彼女は日々発生する労務問題や労働法の解釈について、よく顧問社労士事務所に相談したり助言を求めたりするそうです。

メディアなどの情報に触れて疑問に感じたときだけではなく、身近な人や自分の労務問題に対して答えを見つけたいと思ったときにも社労士資格は役に立つはずです。

コミュニケーション能力が高い

社労士は社会保険や労務問題の専門家として相談を受けることが日常的にあります。そのため、コミュニケーション能力の高さは一つの武器になります。

また、難関資格のため受験者のほとんどは男性なのではないかと思われがちですが、2018年、社会保険労務士の女性の割合は30.1%になりました。2009年は25%しかいなかったため、この数字は10年近くで5%も割合が増えていることを示しています。

社労士が女性からの人気も集めている理由についてはこの記事をご参照ください。

女性こそ目指そう!資格取得のメリットが多い社労士って?

社会保険労務士試験に合格するには

社労士試験は国家試験であり難易度の高さでも知られています。合格し社労士の資格をとると、高い評価を受ける資格でもあります。

試験概要から試験対策まで網羅しておきましょう。

試験概要

試験日は毎年8月の最終日曜日です。今年(2019年)は終わってしまいましたが、来年の試験に向けて準備を始めるにはぴったりの時期でもあります。申し込みは4月中旬から5月末までなので、忘れないようにしましょう。

合格者のうち約7割が35歳以上というデータも出ており、性別だけではなく年齢も気にすることなく受けられる試験です。受験者のほとんどが働きながら合格に向けて勉強しています。ただ難易度はやはり高く、2018年度の合格率は6.3%でした。

受験資格など詳細については社会保険労務士試験オフィシャルサイトから確認できます。

試験対策はどうすればいい?

難関資格のため、コスパよく時間配分も考えながら勉強する必要があります。ただ、通学講座だとお金や通学時間がかかってしまい、独学だと自分の進度が把握できずモチベーションを保つのが難しいという難点があります。

おすすめなのは動画学習です。Gogetterzでは下記講座を受けられます。現在購入できるのは2019年度合格目標のバージョンですが、2020年度合格に向けて早めに対策したい人の役に立つはずです。

【2020年度合格目標】社労士サクセス60コース(全60回)

また、女性が動画学習に向いていると言われているのを知っていますか?その理由についてはこちらの記事に載せてありますので、ぜひご覧ください。

女性こそ動画学習をするべき3つの理由

合格後に忘れてはいけないこと

社労士は試験合格が資格取得に直結しません。社会保険労務士名簿に登録するためには2年以上の実務経験もしくは事務指定講習を受けなければなりません。

詳しくは全国社会保険労務士会連合会のホームページに掲載されている情報を確認しておきましょう。

 

未経験から社労士になるためには計画と準備がポイント

イラストレーターの使い方を学ぶ様子

受験前の学習計画だけではなく合格後のライフプランニングも未経験から社労士になるためには非常に重要です。数年後を見据えた人生計画を練り、新しいキャリアを切り開きましょう。

 

学びから未来をデザインする GoGetterz はこちら

メンバーになると、400以上の無料コースが受講可能!

無料メンバー登録 はこちら

記事をシェアする