現在地: トップページ » skill » 日本で最も人気の国家資格「宅建士」とは? 不動産を扱うプロになろう

日本で最も人気の国家資格「宅建士」とは? 不動産を扱うプロになろう

記事をシェアする

不動産業界での転職やキャリアアップを目指すなら、「宅地建物取引士(宅建士)」という資格は欠かせません。耳にしたことがある方も多いかもしれませんね。

宅建士とは、不動産取引を扱う専門家のこと。実はこの宅建資格、不動産業界はもちろん 、金融機関や建築会社などでも活かすことができるのです。

実際に宅建士の資格試験を受験する人は毎年20万人前後と、日本で最も人気のある国家資格と言われるほど。ここではその人気の理由や、具体的な資格取得の方法についてご紹介したいと思います。

不動産取引のプロ・宅建士とは

宅建士とは「宅地建物取引士」の略称です。平成27年4月に「宅地建物取引主任者」から「宅地建物取引士」と名称が変更になり、”士業”の仲間入りを果たしました。

宅建士ならではの業務内容

宅建士には以下の3つの独占業務があります。

  1. 重要事項の説明
  2. 重要事項説明書への記名・押印
  3. 契約書(37条書面)への記名・押印

宅建士の主な業務は、不動産を購入しようという人、借りようとする人に対して、物件や取引の重要事項について説明を行うこと。不動産取引は取り扱う金額が大きく権利関係も複雑なため、宅建士という専門家が必要なのです。

そして、説明後に書面へ記入・押印を行いますが、これも宅建士のみに許された業務です。

宅建士を生かせるフィールドは広い

宅建資格を取得した人は、宅地建物取引業者、つまり不動産会社で働くことが多いです。

というのも、不動産業者の事務所には宅建士を従業員の5人に1人以上の割合で置く義務があるため、宅建資格を持つ人材は需要が高いのです。また、従業員に資格取得を推奨する不動産会社が多いためとも言えるでしょう。

その他、建築会社では、建築会社では自社で建築した物件を販売する際に宅建士の資格が必要になりますし、金融機関では不動産の担保価値を評価して融資することが多いため、宅建士の知識が非常に役立ちます。

このように活躍の場は広く、不動産に関連する業界であれば大いに資格を活かして働くことができますよ。

宅建資格を取得するメリット

宅建資格を取得するメリットは、以下のようにたくさんあります。

  • 資格手当がもらえることが多い
  • 転職の際に非常に有利に働く
  • 独立・起業をすることができる
  • 家を購入する時、借りる時に知識が役立つ

不動産会社に勤めている場合、資格を持っていると「資格手当」がもらえることが多いもの。資格手当の相場は5,000円~30,000円とされているので、その分給与アップにつながります。

そして宅建資格を持っていると、不動産業界では需要があるため、転職活動で非常に大きなアドバンテージになります。その他、不動産に関連する様々な業界でも有利に働くことは間違いありません。

不動産業者として独立・起業する時には、上述した「宅建士の設置義務」があるため、自分自身が資格を取得していればスムーズに開業することができます。もちろん、学習を通じて得た豊富な知識を活かせますし、信頼感にも直結するでしょう。

また、自分や家族、知人が家の購入などを検討している時にも、宅建士の知識を役立てることができるのも嬉しいメリットですね。

宅建士試験の概要

人気の国家資格である宅建士。では、資格試験はどのようなものでしょうか。

宅建士試験の詳細

試験は、年齢、性別、学歴などの制限は一切なく、誰でも受験することができます

受験費用は7,000円。毎年1回、10月の第3日曜日に実施されます。2019年は10月20日(日)13時~15時(2時間)の実施予定です。

試験は全部で50問、四肢択一の全てマークシート式による筆記試験です。「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税金その他」の4科目から出題されます。

その他詳細な情報は、下記リンクからご確認ください。

宅建士試験のポイント

宅建試験の合格率はおよそ15%~17%程度。他の国家資格と比較するとそこまで難しい方ではなく、きちんと学習すれば合格できる可能性が高いです。50点中満点のうち35点前後が合格ラインなので、満点を目指さずとも7割程度の正解でOK。

とはいえ、決して高い合格率ではありません。宅建試験は出題範囲が広く、年々問題の難易度が上がっているのも事実。

標準的な学習時間は300時間程度と言われていますが、個人差もあります。一発で合格できるよう、しっかりと対策と立てて効率的に学習しましょう。

一発合格を確実に目指すなら、オンライン動画で学ぼう!

宅建試験は受験人数が多いため、独学で合格を目指す方も多いよう。ただし、1人での学習に不安がある方や、残念ながらモチベーションが続かず学習が進まないという方も…。

そんな方には、「速学」を掲げているGoGetterzの宅地建物取引士講座がおすすめ!空いている時間にいつでもどこでも学べる、便利なオンライン動画講座です。

過去の出題を徹底分析して合格に必要な情報を絞り込みつつも、厚みのあるカリキュラムが特徴。講義30回・答練5回の全35回で、一発合格を目指せる十分な知識と解答力が得られます。

内容は『基本合格講義』『応用合格講義』『科目別復習答練』『直前対策講義』『総合模擬答練』で構成され、どこが頻出でどう学習すれば良いかなど、丁寧にかつポイントを押さえて学ぶことができます。10月の本試験を迎える頃には、自信を持って臨めるはず!

豊富な実務経験のあるプロの講師が、難解な法律もわかりやすい言葉で解説するので、初心者からも好評の講座。最短で確実に合格を目指したいなら、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

まとめ

不動産業界はもちろん、幅広く活躍の場がある宅建士。一生モノの国家資格なので、一度取得すればあなたのキャリアの大きな武器になるはず。

忙しくても自分のペースで「速学」できるGoGetterzの宅地建物取引士講座を活用し、あなたの将来に役立つ力をぜひ身につけてくださいね。

 

学びから未来をデザインする GoGetterz はこちら

メンバーになると、400以上の無料コースが受講可能!

無料メンバー登録 はこちら

記事をシェアする