現在地: トップページ » GoGetterz News » 小松真理氏にベートーヴェンをディープに学ぶ

小松真理氏にベートーヴェンをディープに学ぶ

記事をシェアする

もうすぐ秋です。芸術の秋。
クラッシック名曲の魅力を作曲家別に学んでみませんか?
今回は、ベートーヴェンです。教えてくださるのは、世界を舞台に活躍されている小松真理氏。

作曲家について、そして 独奏曲、 室内楽曲、 管弦楽曲、協奏曲を各 1 曲ずつ焦点を当て紹介します。通常であれば音大や専門学校などでしか学べないような楽曲に関する知識、聴きどころ、作曲上の技法、楽曲の解釈、作家の生きた時代背景とその影響などについて、第一線で活躍している作曲家から学ぶことができます。演奏家や作曲家はもちろん音大生や音大受験を考えている方、そしてクラシックファンにも是非見ていただきたいコースです。

エキスパート 小松真理(ピアノ 作曲 編曲)

長崎県生まれ。東京藝術大学音楽学部 附属音楽高等学校 作曲科を経て、東京藝術大学音楽学部 作曲科を卒業。作曲を中田直宏・佐藤眞に、ピアノを草野幸子・重松聡・外山準に師事。ソリストとして、パリ国立音楽院室内合奏団、日本フィル室内合奏団、群馬フィル等と共演。国連平和コンサートに自作曲で出演。

劇団東京イボンヌ 音楽監督
次回公演 いしだ壱成主演「酔いどれシューベルト」11/15〜18@ムーブ町屋

日経ウーマノミクス・プロジェクト
第3回女性のためのクラシック音楽教養講座にて講師を務める。

尚美ミュージックカレッジ専門学校にて「オーケストレーション」「作編曲技法」「スクリーンミュージック ゼミ」など、実践に基づいた作編曲の指導を行っている。
10月公開ドキュメンタリー映画「ウォーナーの謎のリスト」音楽担当

ドキュメンタリー映画「風といのちの詩」音楽監督
NHKハイビジョン「白洲正子の世界」音楽担当
BSN新潟放送「イブニング王国」テーマ曲制作
映画「死神の精度」オーケストレイター
映像絵本「森のいのち・川のいのち」音楽担当
著書「たのしくおぼえるけんばんわせい」 etc.

<コース名>小松真理のクラシック作曲家探訪 「ベートーヴェン編」
<エキスパート>Tilogic(小松真理)
<コース内容>

チャプター 1: ベートーヴェンについて
レッスン1 無料視聴 ベートーヴェンってどんな人?
レッスン2 ベートーヴェンの作品とその分類
レッスン3 代表作品と副題について
チャプター 2: 楽曲形式と独奏曲〜エリーゼのために〜
レッスン4  独奏曲と楽曲形式(二部形式)について
レッスン5 形式を知ろう〜三部形式とは〜
レッスン6 ロンド形式〜エリーゼのために〜
レッスン7 エリーゼとは? 「エリーゼのために」をより深く理解するために
レッスン8 「エリーゼのために」の主題と副主題の役割と特徴
レッスン9 作品演奏と楽曲構成
チャプター 3: 室内楽曲〜ヴァイオリン・ソナタ第5番 ヘ長調「春」 Op.24より第1楽章〜 レッスン10室内楽曲とは
レッスン11 形式を知ろう〜ソナタ形式〜
レッスン12 和声音と非和声音 そしてベートーヴェンが愛した「願望の動機」
レッスン13 第一主題と第二主題
レッスン14 各主題の特徴と楽曲中での役割
レッスン15 作品演奏・主題と形式の確認
チャプター 4: 管弦楽曲〜交響曲第9番 ニ短調 Op.125〜
レッスン16 管弦楽曲とは
レッスン17 第9の制作期間と他の作曲たちへの影響
レッスン18 第9はなぜ年末に演奏されるのか?
レッスン19 交響曲の一般的な形式について〜各楽章の特徴〜
レッスン20 第9とそれまでの交響曲との違い
レッスン21 演奏・鑑賞のポイント「歓喜の歌」をより楽しむ為に」
チャプター 5: 協奏曲〜ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調「皇帝」Op.73〜
レッスン22 協奏曲とは
レッスン23 「皇帝」の序章を聴いてみましょう
レッスン24 それまでの協奏曲と「皇帝」との違い
レッスン25 副題はどのようにうまれるのか?
レッスン26 アタッカとは? 
レッスン27 「皇帝」の演奏・鑑賞のポイント
全27レッスン 27本の動画(約1時間11分47秒)

ベートーヴェンのことをディープに学びましょう
]]>

記事をシェアする

コメントを残す