現在地: トップページ » GoGetterz News » ビッグデータを理解してビジネスにいかす。それも今だけ70% off で!

ビッグデータを理解してビジネスにいかす。それも今だけ70% off で!

記事をシェアする

総務省平成24年版情報通信白書によると、 ビッグデータを「事業に役立つ知見を導出するためのデータ」とし、ビッグデータビジネスについて、「ビッグデータを用いて社会・経済の問題解決や、業務の付加価値向上を行う、あるいは支援する事業」と目的的に定義している例があるという。そして、「ビッグデータは、どの程度のデータ規模かという量的側面だけでなく、どのようなデータから構成されるか、あるいはそのデータがどのように利用されるかという質的側面において、従来のシステムとは違いがあると考えられる」という。 「ビッグデータの特徴としては、データの利用者やそれを支援する者それぞれにおける観点から異なっているが、共通する特徴としては、多量性、多種性、リアルタイム性等が挙げられる。ICTの進展により、このような特徴を伴った形でデータが生成・収集・蓄積等されることが可能・容易になってきており、異変の察知や近未来の予測等を通じ、利用者個々のニーズに即したサービスの提供、業務運営の効率化や新産業の創出等が可能となる点に、ビッグデータの活用の意義があるものと考えられる」そんなビッグデータについて学ぶコースがGoGetterz デビューしました。 教えてくださるのは、 堅田洋資(かただ ようすけ)さん。   《学歴》    University of San Francisco, M.S. in Analytics修了    一橋大学商学部卒業(統計学・データサイエンス専攻)   《メディア実績》    日経ビッグデータWeb版パートナーレポート「成功するアナリティクス案件の選択とは 」    SELECK  「数値からユーザー行動を読み解く! データ可視化のカギは、TableauとRの使い分け」    SELECK 「ビッグデータ分析を競い合え!世界中のデータサイエンティストが集う「Kaggle」とは」 堅田さんは、日本では数少ない米国大学のデータサイエンス修士号を保有されています。 データ分析プロジェクト概論 『ビッグデータビジネスを理解したい 初級編 』『ビッグデータビジネスを理解したい 入門編』 で、 ビッグデータはなぜ注目されているのか、何が変化したのかについてまとめています。 また、分析プロジェクトのステップや進める上で注意すべきことを説明しています。 IT営業担当者、プロジェクトマネージャー、DS(データサイエンス)初学者 のみなさまに役立つコースです。 今なら受講料70%OFFで学べます! ]]>

記事をシェアする

コメントを残す