現在地: トップページ » GoGetterz News » 道路の安全を守る運行管理者(貨物)になる

道路の安全を守る運行管理者(貨物)になる

記事をシェアする

高速道路を運転していて、大型トラックが通り過ぎるとビクッとすることがありませんか?荷台の荷物が落ちてこないだろうか。遠距離をしている運転手は居眠り運転をしていないだろうか。事故に引き込まれるのは御免だ...と。

そのような不安なく安全に事業用自動車が走れるよう管理する資格があります。トラック・バス・タクシーなど、事業用自動車の運行を管理する営業所ごとに人員を配置することが義務付けられている「運行管理者」です。 運行管理者の資格は国家試験運転者の勤務時間の管理、運転者の健康状態の把握など、事業用自動車の運行の安全を確保するために重要な役割となり、「貨物」「旅客」と運ぶ対象に合わせて対応する資格を取得する必要があります。 本コースは、運行管理者(貨物)試験の対策講座です。 試験に合格するためのポイントを押さえた講義に加えて、各チャプターの最後に過去問の演習と解説も盛り込んだ内容となります。 運行管理者合格を目指す方 運送、貨物業界にお勤めの方 運送、貨物業界に転職・就職をお考えの方、ぜひ学んでみてください。

■ 講師紹介 野村 孝則 (株式会社エッヂ・コンパス代表取締役 ) 大学卒業後、大阪府警の警察官として地域課など経験(交番のおまわりさん)する。のちに旅客業界へ。バス会社に転職し、事業者として運行管理業務などを経験する。運行管理者資格の重要性を再認識し、試験問題を研究。合格に必要なノウハウを公開している。

<コース名> 運行管理者(貨物)講座
<エキスパート>eラーニングポータルサイト
<コースの内容>

チャプター 1: オリエンテーション
レッスン 1 1.試験概要
レッスン 2 2.学習法、出題形式
チャプター 2: 第1章 貨物自動車運送事業法
レッスン 3 1.法の目的と定義
レッスン 4 2.事業の許可
レッスン 5 3.認可、届出
レッスン 6 4.輸送の安全①
レッスン 7 5.輸送の安全②
レッスン 8 6.点呼
レッスン 9 7.運行管理者① 選任、資格
レッスン 10 8.運行管理者② 業務等
レッスン 11 9.事故① 報告、記録
レッスン 12 10.事故② 速報、記録
レッスン 13 11.運行指示書
レッスン 14 12.乗務記録、運行記録計
レッスン 15 13.運転者台帳
レッスン 16 14.乗務員への指導、監督
チャプター 3: 第2章 道路運送車両法
レッスン 17 1.法の目的と定義
レッスン 18 2.登録
レッスン 19 3.保安基準①
レッスン 20 4.保安基準②
レッスン 21 5.点検、整備
レッスン 22 6.自動車検査証
チャプター 4: 第3章 道路交通法
レッスン 23 1.法の目的と用語の意義
レッスン 24 2.自動車の種類
レッスン 25 3.速度、通行区分、徐行、追越し
レッスン 26 4.信号、一時停止
レッスン 27 5.駐車の禁止等、合図
レッスン 28 6.運転免許、積載
レッスン 29 7.運転者の義務
レッスン 30 8.使用者にかかる義務
レッスン 31 9.道路標識
チャプター 5: 第4章 労働基準法関係
レッスン 32 1.法の目的と定義
レッスン 33 2.労働契約、解雇、退職
レッスン 34 3.賃金、補償
レッスン 35 4.労働時間、休日等
レッスン 36 5.就業規則
レッスン 37 6.改善基準①
レッスン 38 7.改善基準②

チャプター 6: 第5章 実務上の知識及び能力
レッスン 39 1.運行管理
レッスン 40 2.運転者の能力等にかかる事項
レッスン 41 3.運転時に車にかかる力
レッスン 42 4.運行記録計、指示マーク
レッスン 43 5.計算問題①
レッスン 44 6.計算問題②
チャプター 7: 【受講者特典】 過去問題集
レッスン 45 平成25年度第1回試験出題例(追い込み演習) テキスト
レッスン 46 平成25年度第2回試験出題例(追い込み演習) テキスト
全46レッスン 44本の動画(約7時間43分13秒) 2本のテキスト

貨物用運行管理者になって道路の安全を守ろう

]]>

記事をシェアする

コメントを残す