現在地: トップページ » J-CAST会社ウォッチ » プノンペンで思わず絶句 その凄まじい発展ぶりとは

プノンペンで思わず絶句 その凄まじい発展ぶりとは

記事をシェアする

私は、カンボジアの首都プノンペンに住んでいます。

2年前はこんなでした。どローカル市場
2年前はこんなでした。どローカル市場

3、40年前は大虐殺が行われ、20年くらいまではそのへんに地雷が埋まっていたような街。

しかし、2014年に巨大なイオンモールができるなど、街は急激に発展しています。

特に、2015年から、その発展のスピードは加速度を上げており、気がつくと次々に新しいことが起こっています。

2年前は露店の市場

2014年に始めた研修プログラム、サムライカレープロジェクト。

初期の頃、プノンペンに慣れるためのミッションのひとつに「はじめてのおつかい」というものがありました。

サムライカレー店舗から徒歩数分のところにある、アジアらしい、露店の市場。

ここでは、肉、野菜、花、魚などなど、いろいろな食品が売っています。

そして、そんななか、クメール語で書かれたメモだけを持って、「はじめてのおつかい」にいくわけです。

クメール語文字は読めないので、どこで買えばいいかわかりません。そこで、カンボジア人の人たちにメモを見せて、どこの店で買えばいいかを聞き、お使いをしてくるわけです。

こうやって、カンボジア人とコミュニケーションをとる練習をするのです。

そんな市場も2015年のある日、全て撤去され、見事にまっさらな原っぱになっていました。

その後、建設会社が囲いを作り、なにやら工事を始めました。

まるで六本木ヒルズ!?

そして、2016年。この工事現場の完成予想模型と、モデルルームが近所にできました。 その、完成予想模型がこれです。

もう、なんというか絶句です。

露店市場が六本木ヒルズ風高層ビルに・・・。

説明によると、

「地上4階まではイオンモールみたいなショッピングモールになります。その上が、スカイガーデン。さらにその上に4本のビルが建ち、3本が住居、1本がオフィスビルと5つ星ホテルになります」

模型をみると、まわりを5車線の道路が囲んでいます。

いまは、アスファルト舗装もきちんとされていない、車2台分くらいの道路しかないのですが、どうやって作るのでしょうか・・・。

こんな感じで、プノンペンの街にはそこかしこに、異次元空間のような建築物が建築され始めています。はたしてこれが全てきちんと完成するかは定かではありませんが、2年後は、もう全く別の街になっているでしょう。

私は、サムライカレーに来てくれた研修生たちに必ずこう言っています。

「2年後、4年後・・・と、定期的にこの街に遊びに来て下さい。今回活動した街が、どんどん変化していく姿を、リアルタイムで分かるからです。成長って何かがすごくよくわかる201●年のプノンペンで活動をしたことは、みなさんの財産になりますよ」

もちろん、成長が頓挫する可能性もありますが、それもひっくるめて「変化」を楽しめるこの街にもうしばらく住んでみることにします。

そんなプノンペンの街で起業体験をする研修プログラム、サムライカレープロジェクト

3/12(土)に東京で無料説明会やります!(森山たつを)

]]>

記事をシェアする